awsコマンドでS3へフォルダごとアップロードする方法

awsコマンドとは、ターミナルなどを使って、コマンドラインからAWSの機能を利用するためのプログラムです。

今回は、ファイル1つ1つをアップロードするのに手間がかかるため、awsコマンドを利用して作業を簡略化させることにしました。

実現する手順
  1. macでawsコマンドをインストール
  2. awsコマンドを利用して、特定のフォルダとs3のバケットを同期
1.macでawsコマンドをインストールする方法

ここでは、macにawsコマンドをインストールする方法を説明します。基本的には、macにはpython3/pip3がインストールされているので、それを使って、次のコマンドでインストールします。

次に、コマンドを利用してAWSのサービスを利用するためには、awsのアクセス権を設定する必要があります。まず、ブラウザでAWSコンソールへログインして、IAMで適切な権限を持ったアカウントを作成し、そのアクセスキーなど認証情報を取得します。

そして、次のコマンドを実行して、それらのアカウント情報を登録します。

ここで「xxxxxxxx」、「yyyyyyyy」は取得したアクセスキーとシークレットアクセスキーを設定してください。

設定の確認方法

今回はs3へのバケットの読み込み権限があるかを次のように確認しました。コマンドを実行した時に、バケットの作成日時と名前のリストが表示されれば、インストール成功です。

もし、表示されない場合は、アクセスキーが正しく設定されていないか、設定したアカウントにs3のバケットの読み出し権限がついていない可能性があります。

参考サイト

2.awsコマンドを利用して、ローカルフォルダとs3バケットを同期

次にawsコマンドを利用して、ローカルのフォルダとs3バケットを同期する方法を説明します。まず、AWSコンソール画面にログインし、適切な名前のバケットを作成します。ここでは、「sample-bucket」とします。

また、同期するローカルフォルダの場所を「/Users/default/code/sample」とします。そして、s3にフォルダを同期するには、次のコマンドを実行します。

ブラウザでコンソール画面に入り、フォルダとファイルが作成されていることが確認できれば、正しく設定ができています。

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト