Reactアプリを作成

ここではReactアプリの作成方法について説明します。

Reactアプリの初期作成について

Reactでは、初期プロジェクトを生成する方法として、create-react-appというコマンドが用意されています。ここでは、それを利用してアプリを生成するところまでを説明します。

手順

今回は次のような手順でReactアプリを作成しました。

  1. create-react-appのインストール
  2. create-react-appでReactアプリの生成
  3. Reactアプリの起動
create-react-appのインストール

次のコマンドを実行することでインストールできます。

Reactアプリの生成

次のコマンドを実行することでアプリを生成することができます。

ここで”react-app-sample”はアプリ名です。

生成したアプリの起動方法

次のコマンドを実行することでアプリを起動することができます。

ここでブラウザが起動し、次のような画面が現れれば正しく作成できています。

ここで起動したWebサービスは、開発用のサービスとなります。実際に設置する場合は、”yarn build”と設置用のファイルを生成する必要があります。

また、今回作成したソースコードは、こちらに公開しています。

参考サイト

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト