HaneCa

独り立ちへ向けた長い道

HTTPレスポンスコードの取得

投稿日: 2011年8月7日 最終更新日: 2020年4月12日

Pythonのurllib2を利用してWebサイトへアクセスしたときのHTTPレスポンスコードを利用するために、保存しておく方法
urllib2では、200以外はHTTPExceptionとなってしまうため、例外時の処理として書かなければならない

import urllib2

# HTTPレスポンスコードを格納する変数
http_code = 0
# アクセスするwebサイトのURL
url = 'http://www.yahoo.co.jp'

try:
# webサイトへアクセス
web = urllib2.urlopen(url)
# 成功した場合、この行以下も実行されるのでhttp_codeは200
http_code = 200
except: HTTPError, e:
http_code = e.code

print http_code

これで、正しくWebサイトにアクセスできたかを確認できる

参考サイト:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください