HaneCa

独り立ちへ向けた長い道

macのeclipseでdjangoフレームワークを利用した開発環境構築

投稿日: 2011年4月20日 最終更新日: 2020年4月12日

必要なもの

Django環境を構築
0. python 2.7.1をインストール(必要な場合)

1. ターミナルを起動してDjango-1.3.tar.gzを解凍
2. ターミナルでDjango-1.3のフォルダへ移動し、「python setup.py install」と打ってreturnキーを押すとPythonライブラリのsite-packagesフォルダ以下にdjangoがインストールされる
 
Python環境をeclipseにインストール手順
 

1. ダウンロードしたeclipseを解凍

2. eclipseを起動して、「Help > Install New Software…」を選択
3. Work with:の横にある「Add…」ボタンを押す
4. ポップアップしたAdd Repositoryウィンドウで、NameにPyDev、Locationにhttp://pydev.org/updatesと入力して「OK」ボタンを押す
5. Work with:にPyDevが選択されていることを確認し、表示された項目のうち「PyDev」を選択
6. 流れにそってNextを押す
7. インストール中に、証明書が不明だと言われるが信頼してインストールを続ける
8. eclipseを再起動
9. eclipse > 環境設定を起動
10. Pydev > Interpreter – Pythonを選択
11. Python InterpretersでAuto configボタンを押すと自動で設定される
12. Pythonライブラリパスとして、sys.pathに登録されているパスのリストが表示されるので選択しておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください