HaneCa

独り立ちへ向けた長い道

nvmを利用したnodeのインストール方法(mac)

投稿日: 2018年12月30日 最終更新日: 2019年1月1日

簡単そうに見えていつもハマるので、書き記しておきます。今回はmacのMojaveに環境を構築しました。

nvmを利用したnodeのインストール方法

まず、nvmを次のコマンドを実行することでインストールします。

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

nvmのサイトでは、wgetを利用する方法も紹介されていますが、macでは別途インストールする必要があるため、今回はあらかじめインストールされているcurlの方法を選択しました。

次のステップは、.bash_profileのようなターミナルが起動するときに読み込む設定ファイルが存在しない場合にのみ、実施する作業となります。

その場合、ホームディレクトリ(/Users/username)に.bash_profileファイルを作成し、次の行を追加します。

export NVM_DIR="${XDG_CONFIG_HOME/:-$HOME/.}.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh" # This loads nvm
[ -s "$NVM_DIR/bash_completion" ] && \. "$NVM_DIR/bash_completion"  # This loads nvm bash_completion

次にnodeをインストールします。まず、nvm ls-remoteというコマンドを実行し、インストール可能なバージョンのリストを取得します。私の場合、aws lambda向けの開発をすることがあるので、それに合わせてv8.10.0をインストールするようにしました。

次のコマンドを実行することで、インストールすることができます。

# nvm install v8.10.0
# nvm use default v8.10.0

これを実行して、「Now using node v8.10.0 (npm v6.4.1)」と表示されると、正しくインストールされていると思います。

ハマるポイント

新たにターミナルを立ち上げた時、次のようなwarningが出るようになることがあります。

nvm is not compatible with the npm config "prefix" option: currently set to "/Users/xxx/.nvm/versions/node/v8.10.0"
Run `nvm use --delete-prefix v8.10.0 --silent` to unset it.

また、nodeを実行しても、command not foundとなってしまいます。

この解決方法を色々と試したのですが、うまくいかなかったことも多かったので、それを紹介したいと思います。

方法1: 再インストール

ここには再インストールする方法が紹介されています。この場合は次のようにコマンドを実行します。

# nvm uninstall v8.10.0
# nvm install v8.10.0

私の環境では、この方法では解決しませんでした。

方法2: .bash_profileの編集

先ほど追記した3行を次のように書き換えることで解決しました。

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh" # This loads nvm
[[ -r $NVM_DIR/bash_completion ]] && \. $NVM_DIR/bash_completion

参考サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください