ESLintでProp type `object` is forbidden (react/forbid-prop-types)となるときの対処法

ESLintで「Prop type object is forbidden (react/forbid-prop-types)」と言うエラーの対処法について説明します。

このエラーは次のように外部から引き継ぐ変数をクラス内で利用する場合、その変数が想定している型であることを確認するときに現れます。

これは想定する変数の型がobjectと言う説明では不十分であると判断するため、ESLintではエラーとして定義することができます。

すなわち、下記のようにこのobjectがどのようなメンバー変数を持つべきかを定義することで、解決することができます。

上記の例では、variableと言う変数が、member_Aと言う文字列型のメンバー変数を持ったオブジェクトであると言うことを示しています。

参考サイト

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト