HaneCa

独り立ちへ向けた長い道

クラウド移行へ向けたガイドラインについて

投稿日: 2021年1月24日

クラウド移行する場合に参考になる情報として、各クラウドプロバイダーが提供しているガイドラインについて調査しました。

AWSの場合はCloud Adaption Frameworkが2017/11が最新版が発表され、Azureの場合はCloud導入フレームワークがWebサイトとして公開されており、Googleの場合はGoogle Cloud導入フレームワークが2018年11月に最新版が発表され、それぞれガイドラインを紹介しています。

クラウドを導入する上で必要な検討項目を様々な視点で解説していますが、まず、クラウド導入へ向けて検討すべきことをステップバイステップで項目を挙げています。

 

AWS Cloud Adaption Framework

AWS のガイドラインでは、次のように6つの視点を詳細化して、それぞれの視点で、「誰」が「何」を検討する必要があるかを紹介しています。

 

Azure Cloud導入フレームワーク

Azureのガイドラインでは、クラウドを導入するまでのワークフローごとに検討すべき項目を紹介しています。

 

Google Cloud導入フレームワーク

Googleのガイドラインでは、Cloudへの移行が進むにつれて、People(人)、Technology(技術)、Process(プロセス)が重なる度合いが大きくなると表現しています。

それを、「教育」、「主導」、「スケール」、「セキュア」という観点で取り組むべき内容について述べています。

 

参考サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください