WordPressでソースコードをハイライトするプラグイン(Crayon Syntax Highlighter)

WordPressでソースコードを見やすくするため、ハイライトするPluginがいくつか公開されています。その中で、SyntaxHighlighter EvolvedCrayon Syntax Highlighterを試用し、Crayon Syntax Highlighterを利用することに決めた時に比較したメモです。

機能比較

現時点でのそれぞれの機能は次のようになります。

比較項目 SyntaxHighlighter Evolved Crayon Syntax Highlighter
バージョン 3.2.1 2.8.4
最終更新日 2016/5/23 2016/5/7
対応プログラミング言語 31種類

(actionscript3, bash, clojure, coldfusion, cpp, csharp, css, delphi, diff, erlang, fsharp, go, groovy, html, java, javafx, javascript, latex , matlab, objc, perl, php, powershell, python, r, ruby, scala, sql, text, vb, xml)

56種類

(Default Language, C1, ABAP, ActionScript, AmigaDOS, Apache, AppleScript, Arduino, Assembly (x86), AutoIt, C, C#, C++, Clojure, CoffeeScript, CSS, Delphi/Pascal, Delphi Web Script, Diff, Erlang, Fabric Engine KL, Go, Haskell, HTML (XML/XHTML), INI, Lisp, Lua, Maya MEL, Microsoft Registry, MIVA Script, Monkey, MS-DOS, MySQL, Java, JavaScript, Objective-C, Papyrus, Perl, PHP, PL/SQL, PostgreSQL, PowerShell, Python, R, Ruby, Rust, Scheme, Shell (Unix), Swift, Transact-SQL, TeX, Vim, Visual Basic, Visual Basic .NET, YAML, ZSH)

利用中のユーザ数 50,000+  50,000+

これらのツールをそれぞれ試用したところ、表示に次のような違いが現れました。SyntaxHighlighter Evolvedの場合、記事を投稿しようとしたところ、改行がうまく認識されませんでした。

そのため、最終的にCrayon Syntax Highlighterを使うようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト