AWS Lambdaに1コマンドでnode.jsのローカルプロジェクトを設置する方法

AWS Lambda関数の開発をしていると、いちいちZipファイルを作成して、Webコンソールから作成したプログラムを設置することが、とても手間に感じられます。

これを解決する方法として、Lambda用にnode.jsで作成した関数を1コマンドで設置まで完了するように、package.jsonにコマンドを定義する方法が考えられます。

package.jsonには、scriptsという項目を儲けることができ、そこでコマンドを定義することができます。そこに次のようにそれぞれの処理を個別に作成し、最後にそれをまとめて実行する処理を作成します。

このようにすることで、「npm run deploy」とコマンドを実行するだけで、必要なファイルを含めるzipファイルを作成し、特定のlambda関数にアップロードする処理を実行できます。

ちなみに、ここで作成したupdateコマンドは、既存のlambda関数のコードを置き換えるだけで、新たにlambda関数を作成するわけではないことに、注意が必要です。

参考サイト

スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト