React Nativeのデバッグに利用するiOSシミュレータを指定する

React Nativeでデバッグをする時に、想定するiOSシミュレータを利用したい場合があります。何も指定しない場合、(現時点では) iPhone 5のシミュレータが立ち上がります。それを所望のシミュレータを立ち上げるようにするには、次のように実施します。

まず、react-nativeというコマンドをインストールします。

次にそのコマンドを使って、次のようにプロジェクトをビルド・デバッグします

この場合、iPhone 8のシミュレータが起動します。

ここで、指定すべきシミュレータ名の一覧が知りたい場合、次のコマンドを実行することで、その一覧を表示することができます。

参考サイト
スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーサイト